医師の転職理由、失敗、非常勤、比較、医師以外、アルバイト、おすすめ

医師転職ドットコム・医者求人サイト 口コミランキング

医師の転職事情

医師・医者の転職・求人について

投稿日:2015年6月3日 更新日:

医師・医者の転職について

現在まだまだ医師不足といわれております。 なので免許さえあれば転職はわりとしやすい職種かもしれません。 もちろんその科によって変わってきますが、特に地方は人手不足になってるようです。 地方でも高齢者の割合が多くなってきてますので、団塊の世代の方もいますし、まだまだ高齢者人口は増えるそうです。 ネットで医師の転職求人サイトをみても求人数は全国万遍なくありますので、かなり有利になるでしょう。 お医者さんの場合は免許を取得するまでが結構大変な印象がありますけど、一生の資格ですのでどの時代でも目指す方は減りませんよね。 高い志があればあるほどやりがいのあるお仕事といえます。 地方から都会でお仕事したい方や、逆に都会で働いているけど地方でこのお仕事をされたい方にはお仕事は見つかりやすいです。 お医者さんに限らず医療系は求人数が多い印象があります。 なので医療系のお仕事に従事したい方が多いですし、違う職場にもスムーズに転職できるかと思います。 お医者さんは給料も安定してると思いますし、場所によってはかなり給料も良いところもあるのも魅力的です。 こういう人の役に立つお仕事は社会的ステイタスも高いですよね。 免許だけあるけどなかなか職場が決まらない人は求人サイトに登録することをオススメます。 最初に登録しておけば条件に合うところをメールで知らせてくれるところも多いです。 自分で調べなくても良いので、かなり便利ではないでしょうか。 手間も色々省けますし楽なのです。

医師の転職事情

例えば自宅が開業医をしているから、あるいは病気で苦しんでいる人達を少しでも救いたいと考えて医師になる場合、医学部のある大学に進み専門の難解でかつ、人間の命を預かる学問を修めます。 そして国家試験にパスをした場合やドクターコースを修めた時、研修医として現場で修行を積むのですが、大学の医局に残るという方法が一つあります。 ここに残るメリットは、医師の教育機関であり医療用器材も揃っていますので、経験を積む場所としては悪い所ではありません。 しかし同じ職場に何年か居れば余程の事が無い限り、ルーチーンワーク化して行く傾向にあるでしょう。 もちろん患者の急変や、事故に巻き込まれた人等の飛び込みの重症患者を診察する等の事はありますが、更に別の種類の経験を積んで新たな場所で働きたい、あるいは残業はあっても残業時間が月に10時間程度くらいで帰宅出来る病院や老人介護施設等に転職したいと考えるのは自然な事です。 新たな職場を見つける為に国の斡旋機関も有ることはあるのですが、そのような所の求人は収入を含めた待遇等に偽りがあったりと、お世辞にも良い転職は出来ないと考えられます。 ですから、インターネット上にある医療関係者に特化した人材紹介企業をピックアップして、5社以内程度に絞り込みをして登録をしておきます。 今やパソコンが無くてもスマートフォン等のモバイル端末が発達したお陰で、誰にも知られる事なく転職活動が出来きる便利な時代になりました。 人によって新たな職場を選ぶ理由は異なります。 たとえば、遠方にいる両親が高齢の為に介護を兼ねて、Uターンして自宅から病院まで近い場所に職場を選ぶという例も珍しくありません。 いざという時には直ぐに駆けつけられるし、場合によっては介護対象の両親を自分の勤務する病院や老人ホーム等に入る事ができれば安心出来るのではないでしょうか。

医療業界の転職事情

仲良くなった看護師に話を聞いてみたら、今はお医者さんが別の病院に移ることは珍しくもなんともないそうです。 希望して退職し、別の所に行く場合もあれば、推薦状を書いてもらって移るケースもあります。 全国規模で病院を移動する人もいるので、いろいろな場所に優秀な人材が配置されることが多いです。 医療従事者の仕事は直接人命に関わることなだけに、彼らの仕事への信念は何よりも尊重されるべきものでしょう。 どんな職場が医療従事者の間で求められるかは、その時代によって違います。 現在は医師の転職が派手に行われており、都市部の大病院や、郊外にあるできたばかりの病院、山奥の診療所などいろいろなケースがあるのです。 町のクリニックなど開業医になる場合もありますし、お医者さんの資格を持っていればできる仕事はかなり多くなります。 皮膚科、内科、外科など分野別にできる仕事は違えども、お医者さんの気持ちは患者さんを助けることに絞られています。 そのために必要な技術や知識があるのなら、彼らは何を置いてもその習得に全力を注ぐでしょう。 医師の転職はそうした純粋で前向きな動機で行われる場合があり、実にほほえましい結果をもたらすことも多いです。 今町の病院などで頻繁にお医者さんが代わっているのは、彼らが希望する場所への移動を始めているからでしょう。 優秀な人材なら、多少の条件があっても大きな病院は確保しようとしますから、求人内容も当然よくなります。

職しやすい医師免許所持者

最近は進学校でも優秀な生徒は医学部を目指すケースが増加しています。 どうして医学部進学希望者が増えたのでしょうか? それは医師免許を持っていれば、就職や転職がしやすいということが大きいでしょう。 まさに免許は大きな威力をもっていて、実際に国家試験の合格した医者の就職先は困ることがないといっても過言ではないでしょう。 さらに病院を変わることも比較的容易です。 研修医として研修先を探すときにも、多くの病院で人材の獲得合戦が繰り広げられるように、生涯にわたって売り手市場の就職状況のなかで仕事ができるというのが医学部人気につながっているといえるでしょう。 本当に医師の転職は簡単にできるのでしょうか? 就職情報を見てみると、医療職にはたくさんの求人があります。 さらに医師会のホームページや医療関係者に限定された求人情報をみてみるとよくわかるでしょう。 地域を問わず求人がありますし、年齢も限定されず幅広い求人が見られます。 医者は一般の職業に比べて高収入なのはよく知られていますが、それは職を変わっても同様です。 転職を繰り返しても待遇が下がらないという特徴はとても魅力的でしょう。 それどころか人手が足りない医療職は、職を変わることで待遇アップも期待できるのです。 多くの医者は、大学の研究室のコネクションや親族などの関係から勤務病院を決めることが多いようです。 職を変わる時も同様ですが、最近は求人情報を多くつかんでいるエージェントを利用する方も増えています。

医師の転職は楽勝なのか

非正規職の割合が増えている現代においては、安定した職場を探すのがとても大変な状況となっています。 そんな中でも医療関係の職種は、比較的安定して働ける職場に恵まれています。 医師や薬剤師や看護師などは資格職ですので、その資格を活かして全国どこの病院でも働くことが出来るからです。 病院以外にも、介護施設や一般企業でも医療系の資格をもった人材は重宝されています。 また、正規職員以外にも、非正規職の求人もたくさんあります。 パートやアルバイトであっても、時給が高めに設定されている求人が多いので、高収入を得やすい職種だと言えます。 ただ、自分が本当にやりたい仕事に転職しようと思った場合には、中々難しい面もあるようです。 雇用条件の良い職場は応募者も殺到しますから、競争率が高くなってしまいます。 ただ資格をもっているだけでは、書類選考や面接に突破できないこともあるのです。 これから転職を考えているという医師の方は、就職サポートを行っている人材会社に登録しておくとよいでしょう。 人材会社に登録することによって、登録者の希望の条件にマッチした求人情報を紹介してもらえるようになるからです。 メールや電話等で随時求人情報を知らせてもらえるので、本当にやりたい仕事が出来る職場も簡単に見つけられるようになりますよ。 転職活動を成功させた方の多くは、そのような人材会社のサポートを受けているのです。 ぜひ、医師の就職活動を応援してくれる人材会社に連絡してみてください。

医師の転職はどのようにすれば成功するか?

医師の方が転職したいと思われた場合には、どのような方法でその活動をされるご予定でしょうか? 医局を頼るという方法もあるとは思いますが、自分のキャリアを自分で切り拓きたいと思う場合には、独自のルートでの仕事探しをされたいということになるでしょう。 とはいえ、自分で仕事を探すとなると忙しい仕事の合間に何ができるだろうか? という悩みを抱えてしまうことも少なくないでしょう。 そんな医師の皆様にお勧めしたいのが医師の業界に特化した転職サイト、エージェントの活用です。 エージェントは、その業界に精通していますので、皆様がこういう病院やクリニック等で働きたいのだけれどというようなピンポイントの要望に対してもきちんと御期待に応えてもらうことが可能です。 また、転職が初めての方でも不安がないように各種のコンサルティングや書類の準備についてもきちんと個別にアドアイスをしてもらえるというメリットがあります。 忙しい時こそ、こういうエージェントを活用しておくと時間も節約できますし、自分の仕事選びについてもいろいろな選択肢絵が増えてくることでしょう。 まずは、ホームページで業界に特化したエージェントのサイトを探してみてはいかがでしょうか? それぞれのサイトには求人の検索機能もついていますので、どんな仕事が探せるかどうかをお試しでチェックしてみるだけでも価値があります。 そして、良さそうだなと実感してから登録すればよいのです。

転職は前向きな決断

医師もまた当然ですが、普通の人間です。 初めて就職する時は、右も左も分からない状態でしょう。 働き始めて初めて分かる業界の常識も少なくありません。 人にはそれぞれ得意分野と不得手なモノが存在します。 あのノーベル賞を受賞した研究者も、分野を変える事が大きなターニングポイントになりました。 手術室では邪魔者扱いされた人材が、ちょっと視点を変えて別分野に転職する事で、大きな成功のキッカケを掴んだ、と言われています。 医師の勤務場所は何も病院だけではありません。 今では民間企業の研究所など、幅広い現場が用意されています。 今現在の分野に苦手意識を持っているなら、思い切って転職しましょう。 最近では専門職別に転職支援サイトが用意されているため、気軽に新しい現場に関する情報収集がスタート出来ます。 もちろん、勤務地や待遇、給与なども細かく指定して検索可能です。 経験者を優遇する現場も珍しくないため、前向きに検討する価値は高いでしょう。 職を変える事は短い目線で見ると確かに挫折かもしれません。 しかし成功者の大半が若い頃は迷走していました。 医師が分野を変える事は全く不思議な事ではありません。 臨床の現場から製薬、研究の分野に移るのも立派な戦略になります。 若い頃だからこそ無理が通る部分も多いです。 30代、40代の若者であれば難なく新しい研究所や病院に馴染めるでしょう。 後継者育成に力を入れる民間企業や研究所も多く、例外的な処置で、若者や女性を中途採用してくれるケースも増えて来ています。

-医師の転職事情
-

Copyright© 医師転職ドットコム・医者求人サイト 口コミランキング , 2018 AllRights Reserved.