医師の転職理由、失敗、非常勤、比較、医師以外、アルバイト、おすすめ

医師転職ドットコム・医者求人サイト 口コミランキング

医者・医者のための転職サイト ランキング

 

医師の転職の悩み

医者の転職の悩み。。。。

医者が転職を考える理由の上位4つは次のようになっているようです。

 

No.1 人間関係が辛い

No.2 仕事にやりがいを感じない

No.3 夜勤が辛い

No.4 有給がとりにくい

あなたもどれかに当てはまっていませんか?

 

さて、医者であるあなたが転職を考えた時、あなたはどうやって転職先を探しますか?

■ハローワーク
■病院のホームページ
■知人の紹介

このような方法で探すのも良いですが、現在はもっと便利なサービスがあります。

それが、医師専門の転職サイトです。

 

サイトに登録するメリットはたくさんあります。

①利用はもちろん無料
ほんとに??
・医師側の負担はゼロ!
・無料登録なので、医療業界情報やメルマガなどのコンテンツだけでも結構面白いしタメになる!

②専門のコンサルタントが徹底サポート
具体的には??
・膨大な求人データベースの中から、自分の希望や条件に見合う求人を紹介してくれる
・面接の同行や年棒交渉もしてくれる

③非公開求人が高品質
なぜ??
・病院・企業の名前を出して募集をかけにくく、おおっぴらにはしたくないから
・現在働いているスタッフには好条件で募集をかけていることを見せたくないから

このような理由から医師専用の転職サイトには、非常に質の高い非公開求人がたくさん載っています。

そして、登録するなら案件の多い大手の医師専用転職サイトが圧倒的にお勧め!
登録も短ければ1分程で済みます。
非公開求人情報のデータは各社それぞれ違うので、2~3サイトに無料登録しておきましょう!!

 

実際、ヤフー知恵袋にこんな質問が載っていました。

医師の転職についてです。
病院やクリニックなどの人材紹介派遣会社の求人や給料なども詳しく見ていきたいのですが、
何か良さげなサイトありませんでしょうか?

 

ベストアンサーは次の通りです。

医師専門の求人サイトがありますよ。

専門の求人サイトでしたら、非公開求人などもあり、非常に量がおおいです。

病院・企業の名前を出して募集をかけにくく、おおっぴらにはしたくないから
現在働いているスタッフには好条件で募集をかけていることを見せたくないから

このような事情でたくさんの情報が得れると思いますよ。

他にもいろいろメリットがあるみたいですよ。

 

他にもこんな質問がありました。

医師 求人の転職サイトで募集をしている所で就職したいと思います。

事情により埼玉県のさいたま市から新潟県の新潟市に引越す事になったので(実家は群馬県・前橋市)、近くの病院で内科の医者・ドクターの求人を探しています。

今は39歳なのですが子供がまだ小さいので育児などもありますので給料より非常勤勤務のアルバイトやパートなどだと良いかと。

まだ引越しをしていないので現地のハローワークには行けていないのですが、ネットの求人サイトなどで良いような所があれば教えていただけると幸いです。

 

ベストアンサーは次の通りです。

医師の求人サイトではハローワークに負けないくらい求人数もありますので、1人で転職先を探すよりスムーズに出来ましたね。医者専門の求人サイトで私も就活いたしました

やっぱり転職サイトを使うのがベストなんですね。

 

 

当サイトは、医者が転職しやすいように、さまざまな医者の転職サイトを分析してランキングしました。

当サイトのおすすめの医師の転職サイトのご紹介です。

医師の転職サイトランキング

第1位 医師転職ドットコム

 

 

↓医師転職ドットコムの公式サイトはコチラ

医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の「医師転職ドットコム」



業界最大級の求人数を誇るサイト「医師転職ドットコム」
★転職された先生の満足度94.7%★
★年収アップ率 146.6%★
★転職支援実績35,000名!★
納得いく転職と満足いく採用をご支援します

 

↓医師転職ドットコムを更に調査しました。

医師転職ドットコム 口コミと評判はあてにならない!?

 

第2位 エムスリーキャリア (M3)

 

↓エムスリーキャリア(M3)の公式サイトはコチラ

医師人生で後悔しない!医師転職ならエムスリーキャリア



医師転職ならエムスリーキャリア(1)20万人以上の医師会員を誇るm3.com運営のエムスリーグループ
(2)転職希望医師の登録実績No1を更新中!
(3)一般の転職市場には出回らない人気の「非公開求人」も多数保有
(4)ご相談から入職まで無料、完全匿名でも医療機関と交渉可能です
(5)1分で登録完了!

 

↓エムスリーキャリアを更に調査しました。

M3 エムスリー キャリア 医師求人の口コミと評判はあてにならない!?

 

第3位 リクルートドクターズキャリア

 

↓リクルートドクターズキャリアの公式サイトはコチラ
医師に信頼され30年。医局では見つからない求人情報が常時1万件以上



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
医師の転職支援 ~30年の実績。ぜひご相談ください~
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
リクルートドクターズキャリアでは、常時1万件以上の豊富な求人情報から
お一人おひとりのご希望にあわせた「好条件」「高収入」の優良求人をご紹介。
また、医師専門のキャリアアドバイザーが、休日/給与等の条件交渉も代行、
忙しい医師の皆様の転職活動を徹底支援いたします。<<取扱い求人例>>
・都内クリニック(内科)/週4日勤務/年収1400万円~
・一般外科(部長待遇)/週4.5日勤務/年収2500万円~

 

↓リクルートドクターズキャリアを更に調査しました。

リクルートドクターズキャリア 口コミと評判はあてにならない!?

 

第4位 メディカルコンシェルジュ MCドクターズネット

 

↓メディカルコンシェルジュ MCドクターズネットの公式サイトはコチラ

医師の求人・転職・募集ならMC-ドクターズネット



メディカルコンシェルジュ MC-ドクターズネット
◇ 医師の転職から健診バイトまで、多様なラインナップ!
◇ 全国13拠点体制だから身近なコンサルタントに相談可!
◇ 医療専門だから一般に公開されない貴重なお仕事も!
◇ 会員登録後はお得なポイント制度など特典多数!

 

↓メディカルコンシェルジュ MCドクターズネットを更に調査しました。

メディカルコンシェルジュ MCドクターズネットの口コミと評判はあてにならない!?

 

第5位 JMC 医師転職支援サービス

↓JMC 医師転職支援サービスの公式サイトはコチラ
医師の転職求人情報ならJMC



JMCは、医師の悩みを少しでも解決したいという思いから、
「機械的なマッチング」ではなく登録の方一人一人と向き合い緊密な人間関係を
気づきながら人材コンサルティングを行っています。
一人一人の登録者と真剣に向き合う、「アナログなマッチング」を。

 

↓JMC医師転職支援サービスを更に調査しました。

医師求人のJMC日本メディカルコネクション 医師転職支援サービス 口コミと評判はあてにならない!?

 

医師の給料

ところで、医師の給与って気になりますよね。

 

ヤフー知恵袋には次のように載っていました。

医師の給料について。
勤務医、開業医、研修医の給料の
最低額、最高額をそれぞれ教えてください。

お願いします。

 

ベストアンサーは次の通りです。

研修医は初期研修医(国が定めた義務的研修期間2年間)とそれ以外の後期研修医(シニア・レジデント等)に分かれます。初期研修医(卒後1年目と2年目)は国の決めた基準に沿って給与が支払われます。またアルバイトは禁止です。およそ年収で400万円程度です。

後期研修医(大学卒業後3年目から7-8年目まで)になると、アルバイトをするので、年間の総収入は800万ー1200万程度です。ですから、研修医の収入は400万円から1200万円程度です。

勤務医は(この場合、初期研修医を除きます)、一般病院で1000万円から2000万円程度 (1日8時間勤務で週1回当直勤務の業務体系です。週50-60時間勤務。時給にして6000円以上です。) 大学病院勤務の場合、大学からの基本給は一般病院に比べて安いですが、アルバイトが出来ますので、総収入にして800万ー1300万程度(年齢にほぼ比例します)。ですから勤務医の給与は最低800万円 最高2000万円程度です。

開業医の場合、個人で診療所を経営した場合、医師は自分ひとりですから、収入源は自分の診療行為だけになります。医師個人の収入にして2000万円から3000万円程度です。(一般に、「年収2000万円以上を望むなら開業したほうがいい。それ以下で満足なら勤務医を続けたほうがいい」と言われます。勿論、「勤務医だと経営の事は考えたくて良いので気が楽」という人もいますし、「勤務医だと、同僚の目(同僚の嫌味?)を気にして自分の思うような診療が出来ないから開業医のほうが楽」という人もいます。)

また、病院経営をして、複数の医師を雇用する立場に有る医師(こういう立場の医師は少ないですが)は、収入源が複数の医師の医療行為ですから収入はずっと高くなります。3000万円から5000万円程度。ですから、開業医の収入は2000万円から5000万円程度です。

医師には、世の中に「医者のアルバイト」が溢れており、もし「もっとお金が欲しい」と思えば、アルバイトを許可されている医師は、いくらでも「アルバイト」が出来る職業です(アルバイトの平均時給は1万円)。働いた時間だけ給与が上がるので、独身の若い医師は「自分の限界一杯」までアルバイトに専念して、「大変な高収入」を得ている人もいます。

(一般の職業の人でも若い人の中には「お金がもらえるなら、もっともっと働きたい」という人がいます。しかし、多くの職業は「就業規定」で「アルバイト」が禁止されているので、自由に副業を持つことが出来ません。医師を含めて、自由業の人だけに許される、「働きたいだけ働ける」「稼ぎたいだけ稼げる」という特権です。多くの病院でバイト時間に規定を設けていますが、誰にも知られないので、規則を破ってアルバイトばかりしている医師もいます。勿論、バイト時間の規制は「法的拘束力」はありませんから、本来規制できるものではないのですが、、、。「お金が好き」で「限界一杯までバイト」して、「忙しい、忙しい」と言っている愚かな若い医師を見かけることがしばしばあります。)

 

 

他にもこんな質問がありました。

医師の年収について質問します。
出来れば医師の方の回答をお待ちしております。

・前期研修医時代の年収相場はいくらか?
・後期研修医になれば、勤務医でも、年収1000万円を超える人間が出るのか?
ちなみに麻酔科志望です。

補足
600万円じゃ、看護師の方と同じくらいですよね?
3年目(後期研修医1年目)で年収1000万円を越えたと言う話を聞きましたか、特殊な話でしょうか?
勤務地は東北の過疎地域を希望しています。
お金のために医師になりたいわけではないですが、多額の債務(奨学金)を考えると、若いうちに返済したいです。
また、麻酔科医は内科医より激務で、年収が高いと聞きましたがこちらはどうですか?

 

ベストアンサーは次の通りです。

地方市中病院で初期研修を終え、現在後期研修医として麻酔科(主)、救急科(副)で働いています。
初期で400万程度、3年目から1000万は超えてます。時間外たくさん働いていますし。
3年目で東北の過疎地ならば超えるでしょう。
麻酔科と内科、どちらが激務か?業務形態が違うので一概にどっちとは言えませんが同じようなもんでは。

以下暇なら読んでください

大学に比べ給料は多いと思いますが、私は多くもらう分だけ代償も払わなくてはいけないと思っています。

まず地方なので症例が限られ、1人前になるための経験、勉強という意味で大学病院よりも損だと思います。
学会も地方会ですらも遠いです。指導医も少なく、教えてもらうのもその指導医のみです。
3年目になり新たな病院に移動したのですが、救急当直は3年目になった時から一人でこなしています。
3年目の途中から月の半分ほどは麻酔呼び出し当番でそのほぼすべての緊急手術麻酔を一人でこなしています。患者さんに何かあれば自分の勉強不足、医師としての腕がヘボかったからの一言で終わりと覚悟をして仕事をしています。

あなたも私と同様、上記のようなことになると思います。
大学病院で3年目で一人で仕事なんてありえません。緊急手術ですら守られた環境で教えてもらえるのですよ。そこら辺は給料は少ないけど大学、都会の病院の恵まれている部分です。
過疎地の1年目から給料が高いのはそれだけ即戦力である、または継続して残ってくれることを期待しているのではないでしょうか。
さらに、麻酔科医は基本一人です。出血しようが血圧がなくなろうが換気できなくなろうがどんな状況でも一人です。外科のDrのように手術中に相談はできない、即判断に迫られます。

過疎地は給料いいけど覚悟が必要です。

最後に麻酔科は一時期バブル時代がありバイトの給料はとんでもなく高い時代がありました。しかし最近は下火です。さらに他の方もおっしゃっていますが麻酔科はベッドフリーなためママさん医師が多く、バイト目的の女医さんが大量に入局しています。バイトの椅子は確実に減っています。
私の代ですらそのバブルの恩恵にあずかれることはないと思っています。相談者様の話を伺うとまだ学生?初期研修医?でしょう。金銭面で言うなら今更麻酔科…?と個人的に思います。

奨学金くらいその気になればいつでもどの科でも返せます。その程度で早く返したいなどとあせらずにたくさん考えて決めてください。

 

忙しい。

きつい。

けど、やはり給与が高いのは事実みたいですね。

 

医師不足で転職しやすのは本当か?

これもよくある質問。

最近は医師不足で転職しやすいというのは本当ですか?

 

ベストアンサーは次の通りです。

すでに医師免許をお持ちなら、大学病院を除けば転職はしやすいと思います。どこの病院だろうが引く手あまたです。

どこも医者が「不足」どころか、科があるのに「担当医がいない」なんてのがザラにありますもんね。

 

なので転職成功率は比較的高いかと思います。

医師転職を行う際は医師専門の求人サイトを活用されてみては?

医師の求人だけを厳選して取り扱っていることもあり
転職活動をしやすい環境を作ることができます。

 

やはり、医者のニーズは高いようです。

 
↓医師転職ドットコムの公式サイトはコチラ

医師の転職なら平均年収アップ率146.6%の「医師転職ドットコム」

 

 

投稿日:2018年5月29日 更新日:

Copyright© 医師転職ドットコム・医者求人サイト 口コミランキング , 2018 AllRights Reserved.